大光銀行「たいこうカードローンEX」の審査や口コミ評判は?

大光銀行カードローンキャプチャ
新潟県の第二地銀としては大光銀行があります。規模的には全第二地銀の中で中間クラスに位置しています。

大光銀行は新潟県の長岡市に本社がありますが、長岡市というのは有名な田中角栄元首相のおひざ元であることから、その縁故を利用した異常な拡大戦略によって一時経営危機に陥ったことがあります。

なお、2001年に新潟中央銀行が破綻した際に店舗の一部を譲り受けます。大光銀行のカードローンには「たいこうカードローンEX」があります。

カードローンEXの利用には新規に契約する場合と、旧カードローンから切り替える場合があります。

新規契約時の上限年齢は60歳未満で、切り替えの場合の上限年齢は64歳未満です。

なお、共に利用できる期間は満65歳までで、65歳の誕生月の翌月から借入ができなくなり、以後借入金が残っている場合は約定返済や任意返済をしていくだけになります。そして、借入金が完済された時点で自動的に解約処理がなされます。

大光銀行カードローンの審査基準は厳しい?

利用条件は大光銀行の営業エリア内に居住しているか、勤務先のあることです。さらに、現居住地に1年以上住んでいること、且つ、現勤務先に1年以上就労している(個人事業主は2年以上営業)こと、そして、年収が180万円以上であることが必要です。

なお、申込時には本人確認書類の他に、健康保険証と年収証明書を提出しなければなりません(自営業者は確定申告書、国民保険利用者は在籍証明書を提出)。

利用限度額は10万円・20万円・30万円・50万円・100万円の5コース(旧カードローンからの切り替えの場合は150万円・200万円・250万円・300万円の9コース)です。

金利は全コースとも一律の12%になっていることから、100万円までのコースは都市銀行のカードローンより金利の低くなるメリットがあります。ただ、250万円と300万円コースは逆に割高になるため、利用するのは避けた方が賢明です。おまとめローン審査を考えているならば、有名ネット銀行カードローンの方が断然におすすめになっています。

借入はローンカードを使ったATMからの出金と、店頭窓口での申込による預金口座への振替の2種類の方法があります。約定返済は毎月10日の大光銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高に関わらず、利用限度額が30万円までは5千円で、50万円は1万円、50万円超の場合は2万円になります。なお、任意返済として、ATMからの入金が可能です。

メリット部分として、カードローンEXは自動融資サービスを受けることができ、大光銀行を公共料金やクレジット代金などの引き落とし口座に指定していると、決済時に口座残高が不足している時はカードローンより自動的に融資が行われるため、決済不能になることがありません。

プロミス審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です