プロミス総量規制について

総量規制とは2010年より開始となったルールで、借入は原則年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。

この規制が適用されるのは、「消費者金融」「クレジットカードのキャッシング」「信販のキャッシング」などの、【貸金業者】に限定されています。

貸金業者とは県知事や財務局より、貸金業登録を受けている会社はすべて貸金業者となり、銀行以外はほとんどが貸金業者となっているのです。

プロミスは三井住友銀行グループですが、子会社であり、消費者金融の為、総量規制の対象となっています。

ですから、プロミスでは年収の3分の1を超える借入は法律でできないことになっているのです。

総量規制はデメリットの方が大きい

総量規制というのは多くの収入を持っている方には有利かもしれませんが、低収入の方には不利に働いてしまう法律です。

そのためどのような会社からお金を借りるのかを考えることになります。ただ銀行は審査が厳しいこともあって、低収入の方は借りられない可能性も十分にあります。

こうして差を考えると、単純に借りたいなら消費者金融系で総量規制の対象になるしか無い感じもあります。沢山借りたいなら銀行でも構いませんが、その分審査落ちのリスクというのも当然高いです。

カードローンを利用する上では総量規制というものを十分に考えていくこととなります。

消費者金融系は借りやすいが影響を受け、銀行系は借りにくいが総量規制は適応されないことを理解してください。そして自分がどちらに借りた方が有利なのかをしっかり考え、借りる会社を選んでください。

総量規制対象外で人気なのは銀行カードローンですが、その中でもオリックス銀行などのネット銀行が今注目されています。オリックス銀行についてはこのサイトが詳しく書かれています。

プロミス審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です