プロミスの最低返済額は借入残高に対する率で算出

カードローンの返済方式には色々なものがありますが、銀行でも消費者金融でもクレジット会社でも、現在のカードローンの返済方式は元利均等残高スライド方式が主流になっています。

また、元利均等残高スライド方式では約定返済額(最低返済額)は借入残高が一定金額以上変動すると比例してスライドするため、無理の無い返済ができる上、利息ばかり取られて元金が一向に減らないという欠点も無くなります。

そして、毎月決まった金額を返済することになる約定返済額は借入残高によって事前に設定されています。

ただ、約定返済額を金額で表しているカードローンが多いなかで、「率」で表示しているカードローンもあります。その中の一つがプロミスです。

通常、カードローンの約定返済額は借入残高が10万円の場合は○○円、10万円超50万円以下では○○円、50万円超100万円以下では○○円などと記載されていますが、プロミスの場合は借入残高が30万円以下の場合は借入残高の3.61%、30万円超100万円以下は借入残高の2.53%、100万円超では借入残高の1.99%と設定されています。

なお、計算によって算出された約定返済額に100円単位以下の金額が出た場合は1,000円単位まで切り上げられます。ちなみに、約定返済額はあくまでも最低の金額なので、それ以上の金額であれば当然、いくら返済しても構いません。

返済金額の計算式は?

例えば、借入残高が85,000円の場合は85,000円×3.61%の式から3,068円となるため、約定返済額は4,000円です。

また、借入残高が425,000円の場合は425,000円×2.53%で10,752円となるため、約定返済額は11,000円です。さらに、借入残高が115万5千円の場合は115万5千円×1.99%で22,984円となるため、約定返済額は23,000円になります。

仮に、借入残高が10万円・30万円・50万円だった場合に、プロミスの約定返済額を他のカードローンと比べると以下のようになります。

カードローン10万円30万円50万円
プロミス4,000円10,000円13,000円
三菱東京UFJ銀行2,000円6,000円10,000円
三井住友銀行10,000円10,000円10,000円
楽天銀行3,000円5,000円10,000円
オリックス銀行7,000円7,000円10,000円
アコム5,000円13,000円15,000円
モビット4,000円11,000円13,000円
三菱UFJニコス10,000円15,000円15,000円
三井住友カード20,000円20,000円20,000円

ちなみに、アコムもプロミスと同じように借入残高に率を掛ける方式になっており、借入残高が30万円以下は4.2%、30万円超は3.0%であるため、プロミスより若干約定返済額が高くなります。詳しくはプロミス審査口コミ情報.comに詳しく書いてあります。

プロミスとモビットはどっちが良いの?

大手消費者金融のプロミスとモビット、最初に選ぶならどちらに申込みするのか迷うものです。

プロミスもモビットも消費者金融から一番最初に借りるケースが多いので、キャッシングの知識が無い中で選ばなければならず、実際どっちから借りた方が良いのか判断に迷うのも頷ける話です。

まず、プロミスとモビットのスペックですが、プロミスは金利4.5%~17.8%で限度額は最高500万円、モビットは金利4.7%~18.0%で限度額はプロミスと同じ最高500万円までとなっています。

金利だけを見れば最低金利、最高金利ともにプロミスの方が良いのですが、最低金利は消費者金融では適用される人は滅多にいませんので気にしなくていい項目です。

上限金利に関してもプロミスとモビットでは0.2%しか変わらないので、はっきり言えば一緒ぐらいです。

審査時間に関しては、プロミスが最短30分となっており、モビットは最短即日と記載されていますが、時間もそこまで大きな違いはないでしょう。

では、この2つのローンの違いってなんなのか?

無利息ならプロミス、内緒で借りるならモビットが正解!

ずばり言えば、プロミスはメールアドレス登録とWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスを受けることができます!

モビットには無利息サービスがありません。そしてプロミスには最短で1時間融資も可能となっており、スピード面と無利息サービスがあるプロミスの方が良いと言われています。

しかし、モビットにも良い点があり、モビットのWEB完結では自宅への書類郵送が一切無く借入することができます。

プロミスの場合、WEB契約と言って、WEB上で契約はできますが、プロミスのローンカードは自宅に郵送されてしまいます。

借入のことを同居の家族に内緒にしている場合、カードを郵送されたことによって、借金がばれてしまうケースが多々あります。

自宅への郵送を無く借りたいならば、プロミスよりもモビットの方が良いのです。

このことから、無利息を受けたいならば、プロミス、誰にも知られずに内緒で借りたいならばモビットが良いということになります。

ただ、プロミスでもカードローンの審査が終わった後に無人契約機や店頭窓口に行けばカードがその場で発行されますので、自宅への郵送はありません。このことから、来店が可能であれば、モビットよりもプロミスの方がメリットが大きいでしょう。

プロミスの特徴とメリット

消費者金融には様々な業者がありますが、その中でも消費者金融に必要な機能をすべて兼ね備え、且つ高水準のサービスを提供するトップレベルの消費者金融は「プロミス」であると言っても過言ではありません。

消費者金融審査のスペックを知りたければプロミスのホームページを見ればほぼ全部確認できます。

現在の消費者金融の利便性を高めている最大の要因がインターネットの活用です。

プロミスもインターネットを利用して色々なことができるようになっています。

まず、インターネットからカードローンの契約を申し込めることは当然ですが、インターネットから借入の申込もでき、所定の時間内であれば借入金をその日の内に指定した銀行口座に振り込んでもらえます。

さらに、プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、プロミスのグループである三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を振込先に指定すると、深夜や休日の申込おいても瞬時に借入金を振り込んでもらえます。

そのため、瞬フリが利用できれば、例えば公共料金などの引き落とし日の前日の夜間になって口座の預金不足に気付いたしてもあわてなくて済みます。

また、プロミスではインターネットを使って借入金の振込返済をすることもできます。当然、振込手数料は取られません。